「考える時代」から「実行する時代」へ。 ガスの入れ替えで、未来もチェンジ

オゾン層の破壊、地球温暖化の原因物質として知られるフロンガス。
温室効果はなんと、二酸化炭素の数千倍。
今までは特定機器の使用済フロン類の回収・破壊のみが制度の対象でした。
しかし、これからの時代はフロンではなくノンフロンの機器を使用するフェーズになってきました。
ノンフロンは電力消費に大きく関係し、環境保護にも貢献できるメリットがあります。

ノンフロンガス導入のメリット

  • 消費電力の削減
  • 冷房機器の長寿命化
  • CSR活動の一環
導入のメリットについてもっと詳しく

ところで「ノンフロン」って何?よく耳にするけれど、実はよく知らない…!?

たくさんの利点をもったあたらしい資源。

冷媒にフロンをしようしていない冷暖房機器のことをノンフロンと呼びます。環境負荷が低い点ガスの封入量が少なくて済むため電気代も少なくなります。
わかりやすく説明すると普通車のエンジンパワーが軽自動車のエンジンで出せるのでガソリン代が安く済むということです。

ダイキチカバーオールのノンフロンについて

平成27年4月1日より施工されている「フロン排出制御法」

フロン排出抑制法では、
①第一種特定製品の管理者は機器の定期点検を行うことなどの機器の適切な管理が必要となり、
②第一種特定製品の整備時におけるフロン類の充填を行おうとする者は、第一種フロン類充填回収業者の登録が新たに必要になるなど、新しい内容が加わってします。
管理者や充填回収業者などは同法に基づき、適切な行動が求められます。

詳しくは環境省のウェブサイトをご覧ください

カバーオールノンフロン

ダイキチはお客さまニーズに合わせて、2つの製品をご用意しました。

HCR188C/R441A
メーカー様向け
自動販売機、冷蔵庫などの製品に

HCR188C/R441A

自動販売機、カーエアコン、冷凍機に最適。
メーカー導入用に開発された製品です。

製品について詳しく見る
HCR188C2/R443A
オフィスビル、店舗オーナー様向け
大規模な空調設備に

HCR188C2/R443A

オフィスや店舗の冷暖房空調機に最適。
既存の空調設備はそのままで、設備投資は要りません。

製品について詳しく見る

実際に導入されたお客様の声

全ての導入事例を見る

「考える時代」から「実行する時代」へ。 ガスの入れ替えで、未来もチェンジ

お問い合わせフォーム